ホッケンミー(福建麺) | うま味調味料無添加やさしい味わいのガラスープ|ユウキ食品

ホッケンミー(福建麺)

中国の福建省発祥で、東南アジアへの移民によって進化を遂げたといわれる、焼きそば風の料理。地域によって違いがありますが、豚肉のうまみや海鮮だしを麺にからめながら炒めるのがシンガポール風の特徴。レシピでは、オイスターソースや貝柱だしに、豚肉を合わせることで味を再現。弾力があり、噛み応えのある食感が魅力のビーフンのおいしさも魅力です。


ホッケンミー(福建麺)

材料(2人分)

新竹ビーフン
80g
豚こま切れ肉
100g
にら
1/2束(約50g)
もやし
1/2袋(約100g)
2個
サラダ油
大さじ2
少々
ブラックペパー(あらびき)
適量
 
 
〈A:合わせ調味料〉
化学調味料無添加の貝柱だし
小さじ1/2
オイスターソース
大さじ1/2
しょうゆ
小さじ1
1/2カップ(100ml)

作り方

①ビーフンは湯に10分ほど浸してもどし、ざるに上げて水気をきる。豚肉は一口大に切る。にらは長さ4㎝に切る。もやしはできればひげ根を取る。〈A〉の材料は混ぜ合わせる。

②卵はボールに割り入れて溶きほぐし、塩を加えて混ぜる。フライパンにサラダ油大さじ1を中火で熱し、卵液を流し入れる。菜箸で大きく混ぜ、ふんわりとしたらバットなどに取り出す。

③同じフライパンにサラダ油大さじ1を入れて中火にかけ、豚肉を入れてほぐしながら炒める。色が変わったら〈A〉を回し入れ、煮立ったらビーフンを加えて、汁気ほとんどなくなるまで炒める。にら、もやしを加えてざっと炒め合わせ、卵を戻し入れてひと混ぜする。器に盛り、ブラックペパーをふる。
前へ 一覧へ 次へ